レッカー車でスクーターを巻き込んだ交通事故

2016.7.21

主人の友人(A君とします)が交通事故を起こしてしまって困った時のことです。

A君は仕事でクレーン車の運転手をしています。その日の作業が終わり会社へ帰っている途中でその事故は起きたそうです。交差点を右折しようとしたA君は、後ろから来て同じく右折をしようとしたスクーターを巻き込んでしまったのです。当然クレーン車は普通車よりも内輪差が大きいのでそこに巻き込んでしまったということでした。

スクーターに乗っていたのは中高年の女性で、大けがをして救急車で運ばれ、意識が戻るまでの間に少し時間がかかったそうです。A君には何のけがもありません。

確かにA君が後方確認をもっとしっかりとしていれば事故は防げたかもしれません。しかし相手方のスクーターも2段階右折をすべき交差点でしていなかったという交通違反をおかしていました。

これがプライベートの事故で相手が軽傷であれば、まだスムーズに双方の保険会社を通しての事故解決が進んだかもしれません。

しかしこの場合は相手方が重傷で話を聞ける状態でなかったことと、仕事中の事故で会社の手続きを踏む必要があったことでかなり大変だったそうです。

仕事中に交通事故を起こしてしまい、しかも相手方に重傷を負わせてしまったということでA君はかなり落ち込んで精神的にもまいってしまいました。ですが日頃からの仕事ぶりが認められていたことと、相手側の過失があったこと、そして会社の好意により、A君は特に処分を受けることなく仕事を続けることができる結果になりました。

ただやはりA君側も過失が0という訳ではないので、損害賠償などのやりとりなど、解決には時間がかかったそうです。

PickUp記事

一覧へ戻る