駐車中に起こされた交通事故

2017.4.4

友人の家は交差点の角にあります。その交差点は住宅街の中でもちろん信号もありません。そこではなぜかよく交通事故が起こります。

理由はわからないそうで、見通しはわるいけれどカーブミラーも設置されていて、安全運転をしていたら交通事故なんて起こりようがないと友人はいつも言っています。

ある日、また交通事故が起こりました。車同士の事故です。

しかし今まで通りと違う所がありました。それはその車同士の交通事故に友人の車も巻き込まれたのです。

友人の家の車庫に駐車しようとしていた所で交通事故が起こり、ぶつかった車が反動で友人の車に衝突しました。友人はハザードをたいて車を駐車しようとしていて車を切り返した所だったので、そこを通る車は駐車中の車がいると認識出来ていたはずだと言うのです。

それなのに事故を起こした車はきっと自分の車はその隙間を通り抜けられると思って走行したのでしょう。それが1台だけではなく2台だとどう考えても通り抜ける事は出来ないので交通事故は起きたのだと思います。

とばっちりの交通事故なので修理などもしてもらえて、誰も怪我のないものだったのが救いです。車を運転する際には安全確認と相手への思い遣りがやはりとても大切ですね。

友人はどんなに気をつけていても交通事故には遭うもんだなという言葉が私は印象的でした。

PickUp記事

一覧へ戻る