交通事故遭遇マニュアル

交通事故は一生を左右する重大な事件です。このサイトを参考に対策を考えましょう。

交通事故に遭遇してしまったときにしてはいけない行動について

交通事故を起こしてしまったり遭遇した場合には、初期行動が非常に重要とされています。

当然のことながら事故を起こしてしまったのにその場から立ち去るなどの行為は、ひき逃げなどの行為に該当してしまいますので絶対にしてはいけません。

それから事故相手が存在する場合に注意する必要があるのは、100パーセントこちらが悪い場合を除き、安易に相手への謝罪を口にしてしまわないようにしましょう。

これは相手側に対して事故の責任を完全に認めてしまうこととなってしまいますので、注意しながら会話するようにしなければなりません。

また、事故相手側からその場での示談を要求されるケースが報告されているのですが、これは絶対に避けるようにしたいものです。

なぜならば、事故後に体調面の変化が生じる場合がありますので、しっかりとドクターによる診断を受けたのちに相手側と交渉する必要があるからです。

現場ですぐに交渉せず、状況を整理する

また保険会社との相談をする必要がありますので、そのためにも現場ですぐに交渉してしまうのは有利な交渉につなげることが出来ない行動となってしまう可能性があります。

なるべく冷静に相手側と会話をすることも重要とされており、間違っても感情的になって会話をすることをしないように心掛けましょう。

交通事故でつらい目に遭っている方はご相談ください。弁護士があなたの力になります。